はじめての夏期講習

夏休みは受験の1つの山場である。

特に6年生の夏休みは本当に追い込まれているという
表現が当てはまるのではないかと感じるほどです。

娘を中学受験させるにあたってこの夏が最大の山場だと感じていました。
SAPIXに通わせていたので、そのまま夏期講習もSAPIXで受講しようと決めていました。
娘は国語を苦手としていたようなので、とにかくこの夏で国語を
どうカバーするかがこの夏休みを過ごすうえで一番意識すべき
ポイントでした。

夏期講習は先生も周りのお友達も気迫が全然異なりました。
親の私が引くぐらい本気モードという感じでした。

娘もその本気モードを受け取ったのか、
講習を終えての一言は、『いつもと違って楽しかった』と言っていました。

通常授業とは違う刺激を受けたようで、
その後はいつも以上に勉強に取り組んでいました。

ただ、授業の数や宿題の量が普段よりも多かったので、
さすがに娘も疲れているように見えました。

夏期講習後はまとめテストがあり、
はじめに目標を設定していたので、娘のモチベーションもあがり、
より勉強に取り組むようになりました。

中学受験ではやはり夏は重要です。
それは単純に勉強できる時間が長いというだけでなく、
先生と周りのお友達の受験への熱意に圧倒された
講習会となりました。
PAGETOP