中学受験の合格祈願

中学受験のきっかけ

中学受験は本当に些細なことがきっかけでした。

我が家では、娘に中学受験をさせる気は全くありませんでした。

中学受験をされるご家庭の多くは、
小学校低学年の頃には中学受験をさせると決めていて、
早いご家庭はその頃から対策をはじめていると聞きました。

一方で我が家が本格的に受験を志したのは5年生の夏あたりからです。

まずは塾に行きはじめたいきさつからお話しします。

娘は主人に似たのか勉強が良くでき、本人曰く、学校の勉強は簡単すぎて、
物足りないと感じていたそうです。

だったら塾に行かせればと主人に言われて、塾に通わせることになりました。

家から一番近いという、ただそれだけの理由で、SAPIXに通わせることにしました。

SAPIXといえば、中学受験をするご家庭が通う塾というイメージがあり、
うちの娘が通っていいのか心配でしたが、もし娘が受験をしたいと言えば、
その時にまた考えればいいかと最初は軽く考えていました。

受験するしないに関わらず、塾に入って、学校よりももっと難しい勉強をして、
上には上がいることを知り、さらに苦難に挑戦すること、努力すること、
それらを知ってほしいと思っておりました。

親心にも少しは打ちのめされればよいと考えておりましたが、予想を裏切り、
サピックスでも上の方のクラスで、しかも楽しんで勉強しているということを知りました。

初めて出会う考え方や、見たことのない問題が、とても面白かったようで、もっと知りたい、
どんな解き方があるだろう、と探求している内に、今まで以上に成績が上がっていきました。

塾の先生より、中学受験に挑戦してみたらいいのではないかと勧められました。

その段階では正直、娘自身も受験の意志がなかったのですが、
それはもったいないとおっしゃっていただきました。

そこから主人と娘とも相談し、、より広い世界を知る、という目標のため、
中学受験に挑むことを決めました。

このように我が家の中学受験は少し変わっています。
もともと中学受験はさせない方針でいこうと考えておりました。

特に主人は地方出身で国立大学に進んだこともあって、公立中学校を卒業して、
その後公立高校に進学したので、中学受験など必要ないと考えている人でした。

しかし娘があまりにも楽しそうに勉強するので、それだったら私立の中学校の恵まれた状況で、
自分と同じレベルのお友達の中で、学べる環境があればいいのではないかと考えたみたいです。

塾の先生の勧めもあり、主人にも納得していただいたことにより、
我が家の中学受験がスタートしました。
参考サイト
PAGETOP